診療時間

日・祝
9:00~13:00 / /
14:30~18:00 / /

★:土曜午前は13:30まで 
※第4土曜日は午前中のみの診療

コラム

【妊婦さんのお口のトラブル】妊娠性歯肉炎の特徴と対策とは?

  • マタニティ歯科
  • 妊娠性歯肉炎
  • 武庫之荘駅前歯科

こんにちは。

尼崎市の武庫之荘駅前歯科 院長の山城です。

今回は、妊娠性歯肉炎について解説させていただきます。

妊娠すると様々な影響を受けて妊娠性の歯肉炎が起こりやすくなります。

その症状を放置することでお腹の赤ちゃんに影響が出ることもあります。

詳しく説明していきます。

 

妊娠性歯肉炎とは?

妊娠性歯肉炎は、妊娠中に出現する歯肉の炎症を指します。

妊娠中はホルモンバランスが変化し、歯肉が腫れやすくなるため、歯肉炎のリスクが高まります。

妊娠性歯肉炎の原因

妊娠性の歯肉炎にはいくつかの原因があると言われています。

以下で詳しく説明していきます。

①ホルモンの変動

妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。

エストロゲンとプロゲステロンは歯周病菌が活性化する要因と言われています。

そのため歯肉の腫れや出血を引き起こすことがあります。

②口内環境の変化

唾液には様々な役割があり、食物残渣や細菌を洗い流す作用、お口の中の細菌の繁殖を抑える作用があります。

妊娠中は唾液の質や量が変わることがあり、これが虫歯や歯肉炎の原因となる場合があります。

③つわりによる影響

妊娠するとつわりが酷く、歯磨きができない方もいます。

ブラッシングがうまく出来ていないと、口の中に汚れが溜まり、歯周病やむし歯の細菌の数も増えていきます。

その結果、歯肉炎の症状が出てしまいます。

 

妊娠性歯肉炎の症状チェックリスト

以下の症状がある場合は妊娠性歯肉炎が疑われます。

・歯肉から出血する

・歯肉が赤く腫れている

・歯磨きの時に出血する

 

妊娠性歯肉炎を放置すると…

放置すると、歯肉炎は進行し、歯周病の原因となることがあります。

歯周病は歯の支えとなる骨を破壊する恐れがあるため、最悪の場合、歯の喪失を招くことがあります。

また、妊娠中の重度の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクを高めるとの研究結果も報告されています。

妊娠期間中に歯科治療を受けて良いタイミング

妊娠16〜28週(5〜7ヶ月)の安定期に入る頃になれば、通常の歯科治療が受けられます。

つわりがなく、体調が良い時であれば歯科医院を受診しても問題ありません。

 

妊娠性歯肉炎の予防法

体調が良い時はブラッシングをしっかり行う

妊娠中のブラッシングは重要で、体調が良い時には、念入りに歯磨きを行いましょう。歯ブラシを使い、優しく丁寧にプラークを除去することがポイントです。歯磨き粉を使うと吐き気を催す場合は、水だけでもブラッシングをすることが推奨されます。

歯科医院で歯のクリーニングを行う

妊娠中も定期的な歯科検診を行うことが重要です。

歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルなクリーニングは、自宅でのブラッシングだけでは除去できない歯垢や歯石を取り除き、歯肉炎のリスクを減らします。

妊娠がわかったら、歯科医師に相談し、妊娠に適したケアプランを立てましょう。

こまめに水分摂取を行う

水をこまめに飲むことで、口の中を潤します。

唾液は天然の洗浄剤として機能し、口内環境を健康に保つのに役立ちます。

口の乾燥を防ぐことで、歯肉炎や虫歯の予防にもつながります。

 

まとめ

妊娠性歯肉炎の予防には、体調が良い時に丁寧なブラッシングを行い、定期的な歯科診察と専門的なクリーニングを受けることが重要です。

また、日常的に水分をこまめに摂取し、口内環境を健康に保つことも効果的です。

妊娠が判明し、安定期に入ったら、積極的に歯科医院を受診しましょう。

尼崎市の歯科医院(歯医者)の武庫之荘駅前歯科では、むし歯(虫歯)治療や歯周病はもちろん、虫歯予防、小児歯科、小児矯正、矯正歯科、審美歯科など最新の治療にも対応しています。

全チェア個室・徹底した滅菌、感染対策など家族で安心して通って頂けますので、歯の悩みはお気軽にご相談ください。